モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(43)覚醒篇 遺言(七)

<<   作成日時 : 2012/11/14 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 吉田松陰は安政6(1859)年10月27日(旧暦)、刑場の露と消えました。享年30歳でした。
 辞世の句として知られている、「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂」は、獄中で書かれた書『留魂録』の冒頭に掲げられています。『留魂録』で松陰は、自分の死を哀しむのではなく、自分の志を発展させてほしいと、弟子達に遺言をしていました。




遺言に関する法律相談 残された人々への愛のメッセージ (弁護士の知恵 SERIES) (単行本・ムック) / 村田恒夫 阿野順一 池宗佳名子
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 遺言に関する法律相談 残された人々への愛のメッセージ (弁護士の知恵 SERIES) (単行本・ムック) / 村田恒夫 阿野順一 池宗佳名子 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
とても30歳だったとは思えませんね。
辞世の句もとても30歳に思えない。
今で言うと「国家転覆罪」なのでしょうが、連合赤軍とか三菱重工爆破の大道寺夫婦とかも20代とは思えないこと言ってたんでしょうね。
井出浩司
2012/11/15 10:57

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(43)覚醒篇 遺言(七) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる