モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(28)修行篇 往復書簡(二)

<<   作成日時 : 2012/10/29 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 松下村塾の教えは、学んだ学問を実行に移すこと、そのために晋作は江戸に出てきたのでした。しかし江戸では、玄瑞や桂たちはただ議論をするだけで、何一つ実践に移そうとしません。そのいらだちを、手紙で松蔭にぶつけるですが、肝心の松蔭からは、なかなか返事がきません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
次の次ぎの次の大河あたりで行けるんではないか。本当は千葉県・大多喜の本多忠勝にしてあげたいが。
井出浩司
2012/10/30 10:56

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(28)修行篇 往復書簡(二) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる