モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(20)修行篇 師弟(八)

<<   作成日時 : 2012/10/21 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 晋作が松下村塾に入門したころと同じ時期、伊藤利助、後の伊藤博文も入塾していました。記憶力お言い、機転の利く青年でしたが、農家出身の軽輩、周りからは軽んじられていました。
 「才能は身分に関係なく授けられている」と考えていた松陰でしたが、身分の高いものほど努力を怠るとも指摘しており、軽輩のものほど秀でたものが出るとも考えていました。
 そんな松蔭が、伊藤をこっぴどく叱りつけるという事件が起きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
伊藤利助さんも「マエマエ」だったんだと思いますよ。
最後に生き残ったやつが後世では偉かったことになるのだと思います。
井出浩司
2012/10/22 10:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(20)修行篇 師弟(八) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる