モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(19)修行篇 師弟(七)

<<   作成日時 : 2012/10/20 15:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 「高杉に比べて、久坂の方が人望があった」とは、97歳の長寿を全うした同門の天野清三郎が大正時代に述懐した言葉です。
 天性の洞察力の持ち主であった晋作ですが、それを論理立てて説明する能力は今一つでした。
 加えて、高杉家は塾生の中では高禄、一族は能吏を輩出するなど、一目置かれる存在であったことが、敬遠される要因であったかもしれません。
 しかし、松蔭は身分や偏見で、その才能が生かされないことを憂いており、晋作も同意するのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「天は身分の上下に関係なく、才能をあたえている」
公平に与えているわけではないよね。
井出浩司
2012/10/21 09:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(19)修行篇 師弟(七) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる