モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(17)修行篇 師弟(五)

<<   作成日時 : 2012/10/18 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2




 松蔭は、天下は皇室のものであり、これを預かる徳川幕府は、諸外国から国を守るべき義務があると説きます。その意味では攘夷思想ですが、一方で彼の師である佐久間象山の、開国し富国を図ることにも賛成しており、決して排外主義者ではありません。
 さらに皇室の現人神説に与せず、日本人の心のよりどころとでぃてとらえるなど、現代にも通ずる進歩的な考えを持っていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は「天皇にならなければならなかった男たちhvの心の葛藤」のような小説を読んでみたい。かなりフィクションを入れないとかけないと思うが。
井出浩司
2012/10/19 10:22
この頃を思い出して、山口県はアメリカ・イギリス・オランダ・フランスと戦ってもらいたい。
少なくても、東京都VS中国&韓国になった時は、東京都と一緒に宣戦布告してほしい。
井出浩司
2012/10/20 14:34

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(17)修行篇 師弟(五) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる