モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(16)修行篇 師弟(四)

<<   作成日時 : 2012/10/17 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




 徳川幕府の権威は衰えたりとはいえ、まだ絶大なものがありました。そんな時代にあって、松蔭の思想は、天下は朝廷のものであって徳川家のものではないという、まさに過激なものでした。
 さらに長州藩は、関が原以来の外様大名であったにもかかわらず、徳川家とは縁戚になっており、松平姓を賜っていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(16)修行篇 師弟(四) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる