モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(13)修行篇 師弟(一)

<<   作成日時 : 2012/10/13 14:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2




 晴れて松下村塾の門下生となった晋作ですが、藩の重職にある父・小忠太は、脱藩と海外渡航を企てた大罪人の松蔭を快く思うはずがありません。ことあるごとに批判します。
 そもそも兵学師範だった松蔭を「家臣の鑑」と褒めたたえたのは、父だったはず、晋作は父への不満が鬱積していきます。



やさしく語る放射線 (新コロナシリーズ)
コロナ社
菅野 卓治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by やさしく語る放射線 (新コロナシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
高杉晋作は幾つまで生きたんですかね。
伊藤博文なんか下っ端だったんだろうね。
井出浩司
URL
2012/10/14 12:26
確か、28か29歳辺りではないでしょうか。死因は肺結核。
管理人
2012/10/14 20:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(13)修行篇 師弟(一) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる